果物は甘くても太らない

皆さん、『果物は甘いから太る?』と思っていませんか?
少なくともリンゴに関して言えば、NO!です。
100gあたりのカロリーで比較すると、ゴボウよりも少ないのです。
(ゴボウが65Kcalに対して、リンゴは54Kcal)
リンゴなんて、殆ど水分ですからね。

甘さと、カロリーは直接的な関係はないそうです。
「甘いものを食べると太る」という考えは正しくないのです。

例えば、ケーキに使う生クリーム、砂糖を入れなければ全く甘くありませんが、カロリーは非常に高いですよね。
また、カロリーゼロの甘味料がありますよね。

甘さと、カロリーは関係無いのです。

世界保健機関(WHO)が1997年に、
「糖類摂取が肥満を促進するという考えは誤りであり、加糖やショ糖などの糖類が生活習慣病に直接結びつくことは無い」という見解を示しています。
西洋には「1日1個のリンゴで医者要らず」という良く知られた格言があります。
リンゴの効用はこれだけあります。
食物繊維;大腸がんの予防など
カリウム;体内の余剰塩分の除去
リンゴ酸;炭水化物や脂肪をエネルギーに変わる手助け
ビタミンC;加熱せず生食できるリンゴで効率よく摂取
ポリフェノール;活性酸素の除去作用。リンゴの皮に多い。





日本人の果物消費量は非常に少なく、先進国の中でも
最低ランクに属します。
皆さん、リンゴなどの果物を食べましょう!

参考にした文献はこちら ⇒

アディポネクチン、オスモチン、そしてリンゴ?

アディポネクチン;
テレビで、この聞きなれない言葉を聴きました。アディポネクチンが多いと長生きするそうです。
これは一体何でしょうね??
ネットで調べてみると
『内臓脂肪細胞から分泌されるたんぱく質。大阪大学分子制御内科学教室の松澤教授のグループによって発見された物質。アディポネクチンが減ると肥満や、糖尿病・動脈硬化といった生活習慣病になりやすい。心筋梗塞などの死亡率も高まる』 などなど統計的に調べられているようです。
そう単純な話ではないでしょうね。 アディポネクチンに関しては、本も出版されているようですよ。
ここからが大事なのです。
アディポネクチンに似た物質にオスモチンというものがあるそうです。 植物タンパクで、アレルギー物質にもなるらしいですが、 動脈硬化を抑える作用や脂肪や糖の燃焼を促す作用があるとのこと。
りんご、さくらんぼ、キウイ等の果物や、とうもろこし、トマト、ピーマンなどの野菜に多く含まれているそうです。
りんご農家としては嬉しい限りです。 皆さん、生活習慣病予防のために、りんごを食べましょう。

アディポネクチンにご興味がある方はこちら ⇒


毎日くだもの200グラム運動のロゴ

「毎日くだもの200グラム運動」とは、1人1日200g以上の果物の摂取を推進する運動です。近年の研究により、果物にはガンをはじめさまざまな生活習慣病に対して予防効果が高いことが分かっています。1人1日200g以上のくだものを食べて、健康で豊かな生活を送りましょう。
果物の生産、流通、消費の関係団体、並びに農学、医学、食生活指導、料理等の専門家から構成された「果物のある食生活推進全国協議会」が推進している運動です。

「毎日くだもの200グラム運動」に関して詳しい情報をお知りになりたい方は、左のロゴをクリックして下さい。


相互リンクについて

当サイトと相互リンクしていただける方は、お気軽に登録ください。 リンク集ページの下のほう、新規登録より登録できます。