園主よりのご挨拶

篠根果樹園では、約3ヘクタールの面積に700本近いリンゴを 栽培しています。
北見盆地を囲む丘陵地帯に位置し市街地から 約4Kmと近いため、
秋には北見市民の皆さんが多く訪れます。
また、近隣の地域や、道内各地からのお客様もお越しになり賑わいます。
北見市はオホーツク海に近い内陸部にあり、真冬の最低気温は マイナス20℃を下回る日本国内でも最も寒冷な地域です。 また、盆地気候のため、真夏の日中は30℃を軽くこえる暑さとなりますが、夜間はぐっと気温が下がり涼しくなります。 寒暖の差が大きいことは、リンゴの生育には最適な気候です。
冬の厳しい寒さを耐え抜く木々の強い生命力、彼らが育てる果実は、固く締まって濃厚な味です。 是非お試しください。


園主写真 園主 篠根 克典 (しのね かつのり)


篠根果樹園の紹介

篠根果樹園は、3ヘクタールの面積に約700本の樹を育てる北海道北見市のりんご専門果樹園です。
先代園主;篠根一がリンゴの樹を植えてから60年になります。
本州勢との厳しい産地間競争で北海道内の林檎園は次第に数が減っていきましたが、当園は地元のお客様に支えて頂いて何とか生き残ることが出来ました。

北見市はオホーツク海に近い内陸にあり、冷涼な地域です。しかし、盆地気候のため、特に夏は一日の寒暖の差が非常に大きい土地柄です。 林檎は冷涼な土地が栽培に適しています。冷涼な地域では、固く締まった実が採れます。また、寒暖の差が大きいと味が濃くなります。本州産のふわっと柔らかい林檎も美味ですが、身がギュッと固く締まって味が濃いのが特長の『北見りんご』、少し違う味わいを楽しめます。

主力品種の ”つがる”、”紅つがる” は本家本元の津軽地方に負けない味と自負しております。また、昔は北海道で多く栽培されていた、甘酸っぱい”旭”、今は栽培している果樹園が少なくなり希少品種です。しかし、酸味のある林檎を好むお客様には根強い人気があります。

当園へお越し頂いての直販はもちろん、全国各地への産地直送も承っております。また、樹一本丸ごとレンタルする”オーナー制度”は地元のお客様に好評です。 今以上に、皆様に喜んで頂ける果樹園を目指して頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

【わい化栽培は採用していません】

作業性が良い、植えてから実が取れるまでの期間が短い、などの利点から、小型の林檎の木 ”わい性樹”が多くの果樹園で採用されています。この小型の木を使った栽培方法を、わい化栽培と言いますが、小型であるが故の欠点があります。倒れやすい、根が浅く旱魃に弱い、寿命が短い、等々の多くの問題点です。これらの欠点を補うためには、倒れないように支柱を立て、水不足対策として灌水設備を設け、寿命が来た樹は頻繁に新い苗木に植え替える必要があります。これらの経費は林檎の販売価格に転嫁せざるを得なくなります。

経費がかかると、お客様にお手ごろな価格で林檎を供給することが出来ません。従って、当園では 昔ながらの大型の樹で栽培しております。わい性樹は試験的に栽培している数本だけです。

毎日くだもの200グラム運動のロゴ

左にあるのは「毎日くだもの200グラム運動」のロゴです。

「毎日くだもの200グラム運動」とは、1人1日200g以上の果物の摂取を推進する運動です。近年の研究により、果物にはガンをはじめさまざまな生活習慣病に対して予防効果が高いことが分かっています。1人1日200g以上のくだものを食べて、健康で豊かな生活を送りましょう。
果物の生産、流通、消費の関係団体、並びに農学、医学、食生活指導、料理等の専門家から構成された「果物のある食生活推進全国協議会」が推進している運動です。


篠根果樹園の略歴

大正 7年: 篠根巳次郎(篠根 一の祖父) 野付牛町(現在の北見市)に入植
       農地を開墾し、畑作を開始
       (当時は、熊が家の付近を歩き回っていたそうです)
昭和26年: 篠根 一 が果樹栽培への転向を決意、りんごの樹を植える
平成 7年: 林檎の木のオーナー制度始める
平成15年: 北見地方紙”経済の伝書鳩”に篠根果樹園が紹介される
平成22年: ホームページ開設、インターネット販売開始
平成28年: オホーツク・オーチャード株式会社設立、法人化して経営の拡充を目指す

リンク掲載について

当サイトへのリンクは自由にお願い致します。

相互リンクについて

当サイトと相互リンクしていただける方は、お気軽に登録ください。 リンク集ページの下のほう、新規登録より登録できます。