ランプの宿 森つべつ

北見市から南の方に20km位のところに津別町があります。その津別の町から屈斜路湖方面へ約20km、人里離れたところに「ランプの宿 森つべつ」があります。慌ただしい日常生活を忘れてゆっくりするには最適な場所です(携帯電話auは圏外でした)
「ランプの宿 森つべつ」さん、2周年だそうです。2周年記念企画ということで4月1日から3日までの間、日帰り入浴料無料という情報をFacebookで見つけて早速行ってまいりました。
北見より約30分で津別町へ入りました。津別町内には「ランプの宿」への案内看板が沢山出ていたので迷うことはありませんでした。
こちらが建物正面よりの写真。まだ寒いので雪があります。ちょうど雪降りだったので、写真に白い点が写っています。
森つべつ入口_20120403.JPG
こちらがロビーの写真。津別は木の町ということで、木材が贅沢に使われています。
森つべつロビー2_20120403.JPG
ロビーから外を見ると、木の切り株の上に木の実が置いてあります。それを小鳥が食べに来ています。時間帯によってはテンが来るようです。
森つべつロビー1_20120403.JPG
こちらが売店。小じんまりとしていますが、北海道土産など販売しています。
森つべつ売店_20120403.JPG
温泉はアルカリ泉、PH9.5とのことで結構強めのアルカリでしょうか。入浴中は手がヌルヌルしましたが、上がった後はサッパリ気持ちが良いです。
北海道の森の中の秘境(ちょっと大げさかな?)にある温泉宿、忙しい日常生活から解放されるには最高の場所ですね。
↓「ランプの宿 森つべつ」詳細はこちらです。
http://mtbt.biz/

オホーツクの地域情報の最新記事8件